価格の説明の中にも、よくある付帯塗装

良く使われる価格の中の表現としては
外壁塗装○○万円 (足場仮設 → 高圧洗浄 → 外壁塗装 → 付帯塗装)と記載されています。

付帯塗装は、外壁に付帯する塗装できる物と考えて問題ないです。
一般的な住宅の塗り替えでは、雨戸や軒樋、縦樋、破風が主で換気フードや庇は住宅によってなかったりもします。
また、日本家屋では、雨戸や軒樋、縦樋、破風に加え、垂木や玄関木部等と付帯塗装の数が多くなったりします。

ほとんどの塗装店では、外壁塗装と付帯塗装はセットで考えており、富井塗装でも同じです。
注意していただきたいのは、屋根塗装や塀の塗装、サイディング面でのコーキング打ち替え作業は含まれておりません
少し不親切に感じますが、住宅により塗り替えできる屋根とそうでない屋根があります。
また、塀があるのか無いのかということになりますし、サイディング面でのコーキング打ち替え作業は傷み具合を確認し、お客様に提案させていただきます。

当然だと考えていた付帯塗装が無いケースも・・・。

新築から10年目で外壁塗装を塗り替える場合、外壁も付帯塗装も同様に劣化がすすみます。
足場も組むため、付帯塗装もついでに塗装しておいた方がいいですし、当然仕上がりの外観も変わってきます。
今までの経験で付帯塗装は塗らないでと言われたお客様はほとんどいません。

しかし、各社ホームページを見ていると付帯塗装を記載していない塗obasan_surprise装店もあったり、金額だけの表示で詳細が何もないケースもあります。
そういう塗装店に共通して言えるのは非常に安い価格の表示をしてます
価格帯は30~60万円程度です。これは明らかな客寄せのための表示であり、表示されている価格で見積書を持ってくる塗装店はまず存在しません。
最後は価格の話になってしまいましたが、最近ではお客様を騙すような価格の表示があまりに多いです。
不親切な価格の表示には気をつけましょう!